指定特定相談支援

相談支援事業所
みらいステーション

サービス内容について

指定特定相談支援とは

相談支援専門員が障がいのある方の生活・就労などの中で見られる困り事などのヒヤリング、解決に向けた制度などの紹介・情報提供(基本相談)を行っていく中で、その方に合った福祉サービスなどの提案、利用希望を基に、サービス等利用計画案など(計画相談)の作成を行います。

相談支援専門員とは

障がいのある方と福祉サービスを繋ぎ、その方の生活・就労などを支えます。
福祉サービスに関することをはじめ、障がいのある方の地域生活といった暮らし、日中活動(就労など)に関することなど、さまざまな悩みに応じ、相談支援を通して、障がいのある方の生活・就労などを支えます。栃木県精神障害者地域移行・地域定着支援関係者研修(基礎編)終了した者が対応します。

概 要

利用できる方

18歳~65歳未満の身体・知的・精神の障害、発達障害や難病の方

※障がいなどの理由で、利用者本人が相談などができない場合は、家族や支援機関などからの相談も可能です。

ご利用までの流れ

相談・申請

お住いの市区町村の障がい福祉担当や、各相談支援事業者へ利用希望の福祉サービス等の相談をします。福祉サービスの利用を希望する場合は、市区町村の障がい福祉担当窓口に申請します。

矢印

認定調査

市区町村の障がい福祉担当課の認定調査員と面接します。
全国共通の質問様式を用いて、心身の状況に関する項目、概況等の聞き取り調査が行われます。

矢印

認定・結果通知

認定調査結果に基づき、障害支援区分(非該当、区分1から区分6)の認定が行われます。
※福祉サービスには障害支援区分の認定の必要のない福祉サービスもあります。

矢印

福祉サービスなどの利用意向の聴取、サービス等利用計画案の作成、提出

当相談支援事業所の相談支援専門員と面接します。
利用者の希望等を基にした、利用可能な福祉サービス等の検討を行い、相談支援専門員がサービス等利用計画案の作成します。
サービス等利用計画案完成後、市区町村へサービス等利用計画案などを提出します。

矢印

支給決定

市区町村では、認定調査結果に基づいた障害支援区分や、申請者(利用者本人・家族)の状況、福祉サービス利用意向、相談支援事業所から提出されたサービス等利用計画案に記載された福祉サービス内容を踏まえ、福祉サービスの内容、支給量などを決定し、障害福祉サービス受給者証を作成し、申請者に通知します。

矢印

サービス等利用計画の作成

障害福祉サービス受給者証の支給決定内容に基づいた、サービス等利用計画を当相談支援事業所で作成します。

矢印

福祉サービスの利用開始、モニタリング

申請者は、障害福祉サービス受給者証の支給決定に基づいた、福祉サービス事業所と契約を結び、正式利用が開始します。
福祉サービス事業所の利用開始後、障害福祉サービス受給者証に記載された一定期間ごとに、相談支援専門員によるモニタリング面接を行います。
利用者の希望や状況などに従い、必要に応じて、福祉サービスの見直しなどを行います。

pagetop pagetop